つまみ細工について

丸つまみで作った花のコーム
 
つまみ細工は、江戸時代に西の方で
女性をより華やかにする為に
作られ始めた
美しく繊細な
花かざりで
花びら細工という
愛らしい名前で呼ばれていた
江戸に伝わって以降
はなびら細工は江戸独自に発展し
江戸つまみと言われるようになる。
現在は東京都指定の伝統工芸となっているが、昔ながらの職人さんは、ほんの一握りしか残っていない。
img_1644
のり板の上で休ませているところ

 小さい正方形に裁断した布を、ピンセットを使い一枚一枚丁寧に折り畳み、デンプンのりをのせたのり板の上に置いてゆく。
その一つ一つをまたピンセットを使い、今度は土台へ葺いていき形を作る。
屋根を葺く作業に似ていることから、つまみ細工でも葺くという言葉が使われている。
布、デンプンのり、紙で出来ている為、水には大変弱く、水に触れるとハラハラとその花びら散り落ちてしまう。
その儚さが、とても好きだ。