#つまみ細工 端切り, 尻きり, つまみ片各部名称


つまみ片の各所には名前があります。
足、尻、腰、頭です。
上記の写真は尻を切って腰を低くした丸つまみです。
頭が低くなっているのがわかります。


尻切り、又は端切りといいます。
本などでは端切りと紹介されていることが多いようですが、
昔は尻切りと呼ばれていたようです。
尻きりする時も人それぞれ切りやすい方法があると思いますが、
私はつまみ片を挟んだままピンセットを左手に持ち替えて
足の先から握りばさみで切り落とします。
その際、ピンセットの先は写真のように自分の方を向いています。


これは尻きりをした状態です。
切り終わったらピンセットをそのまま右手に持ち替えて、
糊板の上に置きます。
足が細くなっているので若干足先が開きやすいので手で軽く押さえてあげると奇麗に置くことが出来ます。
尻きりをすることによって、高さを押さえた花が出来ます。


これで大体15分くらいです。